完治の為に

椎間板ヘルニアになりやすい犬種

人気犬種の一つであるミニチュアダックスフンドは、その独特の体型で人気があります。他の犬とは異なる短足・胴長の体型は、可愛らしい反面、椎間板ヘルニアを発症しやすいとも言われています。 椎間板ヘルニアを発症した場合、治療法は大きく2つに分けることが出来ます。それが、外科的処置を行うか内科的処置を行うかということです。どちらにもメリットやデメリットがあり、それぞれの症状に応じた治療法を選択するということが重要になります。 以前は、椎間板ヘルニアを発症すると半身不随となっていたような状態であっても、最近は医療の発達や飼い主の意識の高さにより早期発見や治療を行うことが出来るようになり、ある程度まで治癒することが出来る場合も多くなってきています。

ペット保険の加入者が増えてきています

最近では、椎間板ヘルニアを予防するようなアイテムが多数販売されています。また、発症し、半身不随となってしまった犬のための車いすなども登場してきています。 さらに、専用のリハビリ施設を備えた動物病院などもありますが、地域が限定されており、全ての場合で適用されるというわけではありません。 以前は、高額の医療費を支払う必要のあった椎間板ヘルニアの治療ですが、ペット保険が一般的になってきている現代においては、飼い主の負担も少なくなってきています。今後はますますペット保険が普及していくのではないかと考えられます。